12 April 2014: The OpenOffice Wiki is not, and never was, affected by the heartbleed bug. Users' passwords are safe and wiki users do not need take any actions.

OpenOffice.org BASIC プログラミングガイド

From Apache OpenOffice Wiki
< JA
Jump to: navigation, search
doc OOo


Book.png
OpenOffice.org BASIC プログラミングガイド
[[{{{PrevPage}}}|< 前のページ]] 次のページ >


この章では、OpenOffice.org Basic を使用したプログラミングについて説明します。なお本ガイドの読者には、プログラミング言語に関する基本知識があることを想定しています。また、OpenOffice.org Basic プログラムを開発する際に参考となる各種のサンプルコードも紹介します。

このガイドでは、OpenOffice.org 管理に関する情報を次の章に分けています。最初の 3 つの章では、OpenOffice.org Basic について紹介します。

これらの章では OpenOffice.org Basic の概要を説明しています。OpenOffice.org Basic プログラムを記述する場合は、必ず目を通しておく必要があります。これ以降の章は、各 OpenOffice.org API の個別の説明です。必要に応じて目を通すようにしてください。

OpenOffice.org Basic について

OpenOffice.org Basic のプログラミング言語は、OpenOffice.org 専用に開発されたもので、Office パッケージとの親和性に優れています。

その名前が示すように、OpenOffice.org Basic もいわゆる Basic プログラミング言語の一種です。そのため、過去に Basic 言語を使用した経験があり、特に Microsoft 社の Visual Basic や Visual Basic for Applications (VBA) によるプログラミングが行えるのであれば、すぐにOpenOffice.org Basic をマスターできるはずです。OpenOffice.org Basic には、Visual Basic と共通する部分が多くあります。

OpenOffice.org Basic のプログラミング言語を構成する要素は、大きく分けて次の 4 つに分類できます。

  • OpenOffice.org Basic プログラミング用の言語: 変数宣言、ループ、関数などの基本言語構成を定義します。
  • 実行時ライブラリ: OpenOffice.org の基本的な機能を提供するもので、たとえば数字、文字列、日付、ファイルなどの編集がこれに該当します。
  • OpenOffice.org API (Application Programming Interface): OpenOffice.org ドキュメントへのアクセスを許可し、ドキュメントの作成、変更、および印刷を許可します。
  • ダイアログエディタ: ダイアログウィンドウを定義するためのもので、必要なコントロールの配置や、イベントハンドラの割り当てなどを行います。
Documentation note.png OpenOffice.org Basic と VBA の互換性については、OpenOffice.org Basic のプログラミング言語だけでなく、実行時ライブラリも関係します。また OpenOffice.org API およびダイアログエディタは、VBA と互換性が ありません (これらのインターフェースまでも共通化すると、OpenOffice.org に用意された多くの機能が使用不可能となるためです)。

OpenOffice.org Basic の対象ユーザー

OpenOffice.org Basic を用いたアプリケーションは、OpenOffice.org が備えている標準的な機能では対応できない操作を実行する場合に使用されます。たとえば OpenOffice.org Basic を使うことで、ルーチンで実行するタスクを自動操作したり、データベースサーバーなど他のプログラムへのリンクを作成したり、また複雑な処理をスクリプトに記述し、ボタンをクリックするだけで実行させることもできます。

OpenOffice.org Basic を使えば OpenOffice.org の全機能にアクセスできるだけでなく、各種の関数を利用した操作、およびドキュメントの種類の変更や、ダイアログウィンドウをユーザー定義することもできます。

OpenOffice.org Basic の使用

OpenOffice.org Basic は、すべての OpenOffice.org プログラムから実行が可能で、特別なサポートプログラムなどを追加する必要はありません。また標準インストールを行なった場合でも、Basic マクロの作成に必要となる次の OpenOffice.org Basic 用コンポーネントがすべてインストールされます。

  • 統合開発環境 (integrated development environment: IDE): マクロの入力およびテストを行うためのエディタとして機能します。
  • インタプリタ: OpenOffice.org Basic マクロの実行に必要です。
  • 各種の OpenOffice.org アプリケーションに対するインターフェース: Office ドキュメントに直接アクセスする際に必要となります。

詳細情報

このマニュアルで説明する OpenOffice.org API コンポーネントは、OpenOffice.org Basic のプログラマに必要とされる情報の重要度に応じて選択してあります。また、多くのコンポーネントでは、インターフェース機能の一部のみが説明されています。詳細については、『API reference』を参照してください。

OpenOffice.org API については、『デベロッパ向けガイド』により詳しい説明がありますが、これらは基本的に Java および C++ でのプログラミングを念頭に記述されています。ただし、OpenOffice.org Basic にある程度習熟していれば、OpenOffice.org Basic および OpenOffice.org でのプログラミングで役立つ情報を『デベロッパ向けガイド』から入手できます。

OpenOffice.org Basic ではなく、Java または C++ を使用して直接プログラミングを行う場合は、このマニュアルの代わりに『OpenOffice.org デベロッパ向けガイド』を参照してください。ただし、Java または C++ による OpenOffice.org プログラミングは、OpenOffice.org Basic よりもさらに複雑なプログラミングを必要とします。

PDF Icon.gif Download as a PDF or ODT



Content on this page is licensed under the Public Documentation License (PDL).
Personal tools