Linux x86

From Apache OpenOffice Wiki
Jump to: navigation, search
doc OOo

RPM ベースの Linux ディストリビューション

RPM パッケージマネージャーは、ソフトウェアパッケージをローカルに、およびネットワーク経由で配備できる強力なツールです。

Documentation note.png 次の手順は、OpenOffice.org インストールファイルがダウンロードおよび展開済みであることを前提としています。

インストール

  1. 必要に応じてスーパーユーザーになります。
    su -
  2. 次のディレクトリに移動します。
    <OpenOffice.org_unzip-dir>/RPMS
  3. RPMS ディレクトリには、Gnome および KDE 統合用の RPM パッケージが含まれています。
    • KDE を使用する場合は、Gnome 統合 RPM を削除できます。
    rm openoffice.org-gnome-integration-<version>.rpm
    • Gnome を使用する場合は、KDE 統合 RPM を削除できます。
    rm openoffice.org-kde-integration-<version>.rpm
  4. 標準の /opt ディレクトリにインストールします。
    rpm -ivh *.rpm
    Documentation note.png 別の場所に OpenOffice.org をインストールする場合は、-prefix オプションを使用します。
    rpm -ivh –prefix <install-dir> *.rpm
  5. メニューに OpenOffice.org をインストールします。
    cd desktop-integration

    該当する Linux ディストリビューション用の RPM を見つけてインストールします。

    rpm -ivh openoffice.org-<distribution>-menus_<version>.deb

インストールが完了したら、OpenOffice.org インストールパッケージを安全に削除できます。

アンインストール

OpenOffice.org ファイルは、ファイルシステムから削除しないでください。OpenOffice.org をアンインストールするには、OpenOffice.org Java セットアップまたは RPM パッケージマネージャーを使用する必要があります。

  1. 必要に応じてスーパーユーザーになります。
    su -
  2. OpenOffice.org 関連の RPM パッケージ名を含む「ooo_packages」ファイルを作成します。
    rpm -qa | grep openoffice > ooo_packages
  3. ファイルの内容を慎重に確認します。このリストに含まれるすべてのパッケージが削除されます。JRE を含む OpenOffice.org インストールセットを使用した場合、インストールされた JRE パッケージはこのリストに含まれません。
  4. OpenOffice.org 関連のパッケージをすべて削除します。
    rpm -e 'cat ooo_packages'

DEB ベースの Linux ディストリビューション

APT または DPKG パッケージマネージャーは、DEB パッケージをインストール、更新、および削除するために使用され、Debian や Ubuntu などの DEB ベースの Linux ディストリビューションの一部として提供されます。

Documentation note.png RPM パッケージを持っており、DEB パッケージをダウンロードしたくない場合は、

下記のコマンドを利用することでRPM パッケージからDEB パッケージにコンバートできます。

   sudo alien -d --scripts *.rpm 

インストール

  1. 必要に応じてスーパーユーザーになります。
    su -
  2. 次のディレクトリに移動します。
    <OpenOffice.org_unzip-dir>/DEBS
  3. DEBS ディレクトリには、Gnome および KDE 統合用の DEB パッケージが含まれています。
    • KDE を使用する場合は、Gnome 統合 DEB を削除できます。
    rm openoffice.org-gnome-integration-<version>.deb
    • Gnome を使用する場合は、KDE 統合 DEB を削除できます。
    rm openoffice.org-kde-integration-<version>.deb
  4. 標準の /opt ディレクトリにインストールします。
    dpkg -i *.deb
    Documentation note.png OpenOffice.org を別の場所にインストールする場合は、--instdir=<directory> オプションを使用します。
    dpkg -i --installdir=<install-dir> *.deb
  5. メニューに OpenOffice.org をインストールします。
    cd desktop-integration
    dpkg -i openoffice.org-debian-menus_<version>.deb

インストールが完了したら、OpenOffice.org インストール パッケージを安全に削除できます。

アンインストール

OpenOffice.org ファイルは、ファイルシステムから削除しないでください。OpenOffice.org をアンインストールするには、OpenOffice.org Java セットアップまたは DEB パッケージマネージャーを使用する必要があります。

  1. 必要に応じてスーパーユーザーになります。
    su -
  2. OpenOffice.org 関連のパッケージをすべて削除します。
    aptitude remove '~openoffice.org'

    もしくは

    apt-get remove openoffice.org*
Content on this page is licensed under the Public Documentation License (PDL).
Personal tools
In other languages