12 April 2014: The OpenOffice Wiki is not, and never was, affected by the heartbleed bug. Users' passwords are safe and wiki users do not need take any actions.

Writer:1ページあたりの行数と、1行あたりの文字数を指定する

From Apache OpenOffice Wiki
< JA
Jump to: navigation, search

引用元: OpenOffice.org コミュニティーフォーラム[1]

ヒント

ページスタイルダイアログの「行数と文字数」タブで、「行数と文字数を指定する」を選択し、「ページ単位の行数」と「行単位の文字数」を指定すると設定できます。

ただし、ページスタイルダイアログの他のタブの設定によって、1ページあたりの行数と、1行あたりの文字数が変わるため、希望通りに設定するのが大変難しくなっています。

ここでは、思い通りに設定するためのコツを紹介しますが、最終的にはトライ&エラーで設定することになります。

(1)まず、文字の方向、余白、ヘッダ、フッタ、外枠等を設定する
ページスタイルダイアログの「行数と文字数」タブ以外の設定を先に確定しておくと、二度手間が省けます。

(2)「1文字の最大サイズ」と「ルビ文字の最大サイズ」を小さくする

  1. 「1文字の最大サイズ」に「1.00pt」を入力する
  2. 「ルビ文字の最大サイズ」に「1.00pt」を入力する

(3)行単位の文字数とページ単位の行数を設定する

  1. 「ページ単位の行数」を目的の行数に設定する
  2. 「行単位の文字数」を、「ページ単位の行数」が変わらない最小の数値に設定する
Documentation note.png 「行単位の文字数」は、「1文字の最大サイズ」と関係しています。「行単位の文字数」を多くすれば、「1文字の最大サイズ」が小さくなり、逆に、「行単位の文字数」を少なくすれば、「1文字の最大サイズ」が大きくなります。

(4)実際の行数・文字数を確認し、調整する
「外枠」や「余白」「ヘッダ」「フッタ」の設定によっては、ページスタイルダイアログの表示と、実際の文字数・行数に誤差が発生する場合があります。

(4-1)実際の行数が不足している場合
「行単位の文字数」を大きくしたり、「ルビ文字の最大サイズ」を小さくしてから、「ページ単位の行数」を大きくします。

(4-2)実際の行数が多い場合
「ページ単位の行数」を小さくします。

(4-3)実際の文字数が不足している場合
「行単位の文字数」を大きくします。

(4-4)実際の文字数が多い場合
実際の文字数が多いまま(5)に進みます。

(5)文字サイズ・ルビ文字の最大サイズを確認し、見栄えを調整する
(5-1)行間が狭い場合
「ルビ文字の最大サイズ」を大きくします。

「ルビ文字の最大サイズ」を大きくして「ページ単位の行数」が変わってしまった場合は、「行単位の文字数」を大きくする(「1文字の最大サイズ」を小さくする)と行数を維持できます。

(5-2)行間が広い場合
「ルビ文字の最大サイズ」を小さくします。

(6)実際の文字数が多い場合は、「ページ」タブで余白を増やす

  • 横書きの場合は、左右の余白を増やします。
  • 縦書きの場合は、上下の余白を増やします。
Documentation note.png 文字数は全角の文字数です。次のような内容を入力しておくと、文字数と行数を確認するときに便利です。

123456789012345678901234567890…




メモ書き

「書式」メニュー→「ページ」→ページスタイル:●●ダイアログ→「行数と文字数」タブ→「行数だけを指定する」または「行数と文字数を指定する」をクリック→「ページ単位の行数」、「行単位の文字数」、「1文字の最大サイズ」、「ルビ文字の最大サイズ」を設定→「OK」をクリック

Documentation note.png ●●の部分には、現在のページで使用しているページスタイル名が表示されます。
Documentation note.png 「行数だけを指定する」は、「行数がわかるようにグリッド線を引く」「行数と文字数を指定する」は、「行数と文字数がわかるようにグリッド線を引く」という意味です。どちらを選んでも行数と文字数を指定できます。
Documentation note.png あらかじめページスタイル:●●ダイアログの「ページ単位の行数」と「行単位の文字数」以外の設定を確定しておくと、行数と文字数を設定しやすいと思います。

操作文

(まだ作成されていません。投稿用Wikiに、ぜひ投稿してください。)

画像付き操作文

ここでは以下の設定の行数および文字数指定のページ書式を設定する方法について説明します。以下の操作文と上記「ヒント」を参考に操作してみてください。 どうしてもうまくいかない場合は、ドキュメントプロジェクトのML(documentation@ja.openoffice.org)でお問い合わせください。

文字の方向 右から左へ(縦書き)
余白 上下左右20mm
用紙サイズ A4
フッタ 付ける
行数×文字数 20行×39文字
  1. 「書式」メニュー→「ページ」の順にクリック
    「ページスタイル」ダイアログボックスが表示されます。
  2. 「ページ」タブで「余白」の「左」「右」「上」「下」をそれぞれ「20.00mm」に設定し、「文字の方向」を「右から左へ(縦書き)」に設定する
    図 2:「ページ」タブで余白と文字方向の設定
  3. 「フッタ」タブで「フッタを付ける」にチェックを入れる
    図 3:フッターを付ける
  4. 「行数と文字数」タブで「行数と文字数を指定する」を選択し、「1文字の最大サイズ」を「1.00pt」、「ルビ文字の最大サイズ」を「1.00pt」に設定する
    図 4:「行数と文字数」タブ
  5. 「ページ単位の行数」を「20」、「行単位の文字数」を「39」に設定する
    図 5:ページ単位の行数および行単位の文字数の設定
  6. 「OK」をクリックしてダイアログボックスを閉じ、実際の文字数や行数、余白のバランスを確認する
    図 6:1行の文字数が足らない 余白が大きい
  7. 微調整する
    • フッタが付いていると「行単位の文字数」を「39」に設定しているのに37文字しか入らない。
      →「行単位の文字数」を「41」に設定し直す。
    • 行間が狭く左右の余白が20mmより多くなる。
      →「ルビ文字の最大サイズ」を「ページ単位の行数」の値が変わらない上限まで上げる。
    図 7:微調整する
  8. 「OK」をクリックしてダイアログボックスを閉じる。
    実際の文字数や行数、余白のバランスを確認したら完成です。
    図 8:行数と文字数を指定したページ設定完成
Personal tools