JA/Marketing/Branding

From Apache OpenOffice Wiki
< JA‎ | Marketing
Revision as of 05:18, 18 May 2010 by Mtaki goodday (Talk | contribs)

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

The Branding Initiative has been brought to live by community members of several OpenOffice.org projects like art, marketing, website and user experience. On this page we want to inform you about our reasons for doing so.

ブランディング構想はアート、マーケティング、ウェブサイト、そして、ユーザーエ クスペリエンスといった複数のOpenOffice.orgプロジェクトのコミュニティメンバー たちにより公開されてきました。 このページではなぜ、そのようなことを行うのかについてお教えしたいと思います。


What Does Branding Mean?

ブランディングとは?

Branding is one of the most important secondary tasks inside a company (if you define the product as primary task). Its goal is to raise awareness for the product (the brand), its recognition in public as well as employees' identification with the brand.

ブランディングとは、会社組織における、製品を最重要の業務とすれば、次に重要な 業務となります。その目的は、製品(ブランド)の知名度、そして、従業員のブランド に対する一体感の向上にあります。

For an open source project like OpenOffice.org, branding represents a crucial step on the way to professionalism.

OpenOffice.orgのようなオープンソースのプロジェクトにとって、ブランディングは プロフェッショナリズムへの重要なステップです。

People should recognize our product and our community through a consistent design that conveys our main messages on an emotional level. Even if they don't read the name, they should be able to recognize our graphical branding elements as belonging to OpenOffice.org, wherever they see them.

我々の製品やコミュニティは、感情的なレベルにおいて主要なメッセージを伝える一 貫したデザインを通じて認知されるべきです。たとえもし、"OpenOffice.org"という 製品名が読まれないとしても、視覚的なブランディングの要素はOpenOffice.orgのも のとして、どこであれ、見てもらう必要があります。

Good branding intensifies identification of our community members not only with their own sub-project but with the general project too. The more our community members are aware of being part of the international OpenOffice.org project, the more strength we gain by the synergistic effects of different groups and projects as well as by people's identification with OpenOffice.org.

良いブランディングは、自分たちのサブプロジェクトのみならず、プロジェクト全体 に対するコミュニティメンバーたちの一体感をより強くします。そして、もっと多く のコミュニティメンバーが国際的なOpenOffice.orgプロジェクトの一員であるという ことに気づけば、OpenOffice.orgに対する一体感、そして、様々なグループ・プロ ジェクト間の相互作用によって、活力がもっと得られます。

Our branding can be supported by graphical means as well as by other activities like the definition of our common goals and working on the basic positive attitudes and emotions OpenOffice.org addresses.

共通目標の設定やOpenOffice.orgが向ける基本的で積極的な姿勢や気持ちへの働きか けといった他の活動と同様に、視覚的な手段もこのブランディングを支えることがで きます。


OpenOffice.org Branding - what are our goals?

OpenOffice.orgのブランディング-その目標

With OpenOffice.org Branding we want to transport positive feelings as well as a visual representation of the most important goals for our community.

OpenOffice.orgのブランディングによって、コミュニティに与えられた最も重要な目 標の視覚的な現れに加え、積極的な思いを伝えたいのです。

The following list is just work in progress and based on discussions on our dedicated mailing list:

下記のリストは目下進行中のもので、それ専用のmailing listでの議論に基づいたものです。


Emotional Attributes

  • Open / Free (Openness / Freedom)
  • Approved / Persistent / (Experience)
  • Professional / Reliable / Strong (Quality)
  • Focused / Adaptable
  • Collaborative / Community driven / International

情緒的な属性

  • 開かれた / 自由の (開かれていること / 自由)
  • よいと認められる / 絶え間ない (体験)
  • プロフェッショナル / 信頼の置ける / 協力 (質)
  • 焦点を合わせられた / 適応性のある
  • 共同の / コミュニティ主導の / 国際的な

These attributes are supported in several areas:

これらの属性は次のいくつかの部分においてサポートされます。

  • Fonts
    • Compact
    • Firmly grounded
    • Friendly / Rounded / Warm
    • Professional
    • (Free)
  • フォント
    • コンパクト
    • しっかりと地に足をつけた
    • 友好的 / 丸みを帯びた / 暖かい
    • プロフェッショナル
    • (フリー)
  • Colors
    • Blue: Sky / Sea - Open / Free / Unlimited / Peaceful / Rational /

Professional

    • (Green: Grassland / Forest - Enlivened / Natural / Grounded / Steadily

progressing)

    • (Orange: Warm sun / Dawn - Active / Friendly / Joyful)
    • (Yellow: Sun - Vital / Straightforward / Warm / Lightened / Clear)
    • (Red is the Oracle color, present on splash screen, start center etc. It

is to be discussed if it should be used elsewhere too)

    • 青色:空 / 海 - オープン / フリー / 制限のない / 平和な / 理性的な / プロ

フェッショナル

    • (緑色:草原 / 森 - 活気づいた / 自然の / 地面に置かれた / 着実に進歩する)
    • (黄色:太陽 - 生き生きした / 率直な / 暖かい / 照らされた / 澄んだ)
    • (赤色はオラクルの色で、現在、スプラッシュスクリーンやスタートセンターなど

に用いられています。もしこの色を他の場所でも使うのであれば、議論する必要があ ります。)

  • Symbols
    • Gulls: Free / Flying
    • round symbol: Integrated / Global
    • Two gulls: collaborative
  • シンボル
    • カモメ:自由 / 飛んでいる
    • 丸いシンボル:統合された / 全世界的な
    • 2羽のカモメ: 協同的な


What is Visual Design?

視覚的なデザインとは?

Visual design is the basis of visual identity and therefore the most important part of branding for public recognition. If we present a common graphical language wherever people get in contact with our product (and our project), they start to associate OpenOffice.org with a certain tone of blue or the shape of our stylized gulls in a part of a second, even if they didn't have time to read the wording or if the text 'OpenOffice.org' is not present.

視覚的なデザインは見た目での判別の基礎となるため、一般に認知してもらうことが 目的であるブランディングでは最も重要な部分です。もし、どこであれ、我々の製品 (あるいは、我々のプロジェクト)と接触を持つ人がいるところで、共通のグラフィカ ルランゲージを紹介すれば、その人々は、たとえ、OpenOffice.orgという文字を読む 時間がなかったとしても、あるいは、”OpenOffice.org”という文字そのものがな かったとしても、あの青のトーンや様式化されたカモメとOpenOffice.orgとが結びつ きだします。


Why Do We Need to be Consistent?

なぜ、一貫性がなければならないのか?

With a consistent look and feel OpenOffice.org will appear more professional - especially if we provide a design on a high level of quality. It shows that we care enough about the product to make it look good, rather than appending designs on an ad-hoc basis. We have a multitude of projects and different ways of presenting our product and project in public. Using the same design language and graphical elements for all appearances enforces the impression of a single product and a vast community of people working together - this is important for the perception of OpenOffice.org in public as well for the feeling of beloning together for the community members. If parts of the community don't feel comfortable with the general branding and stay with their own design, this weakens the brand and the our preception in public.

一貫した見た目や雰囲気により、OpenOffice.orgはよりプロフェッショナルなものに 見えます。質において高いレベルに達したデザインを提供すれば、特にそうです。こ れは、その場しのぎの土台に添えられたデザインであるよりもずっと、製品をよりよ く見せようと十分に気遣っていることを示します。公衆にこの製品とプロジェクトと を示すプロジェクトや多様な方法が多くあるのです。 全ての外観に同じデザインランゲージ、グラフィカルの要素を用いることで、製品そ れ自体や共に活動する人々の巨大なコミュニティの印象が強まります。これは、コ ミュニティメンバーの共に属しているという感情にとってもそうですが、公衆での OpenOffice.orgの認知にとっても重要なことです。 もし、コミュニティの一部が全般的なブランディングに快く思わず、自分たちのデザ インにこだわれば、これはブランドと公衆での我々の認知とを弱めます。

Local attributes and special elements for a dedicated project or group are possible and should be supported to increase the group member's identification with their task and area. But these elements should be part of the general branding theme, not an alternative or in opposition to it.

献身的なプロジェクトやグループのための独自の属性や要素はグループメンバーの自 らの仕事や領域での一体感を増すのに寄与するかもしれませんし、そうあるべきで す。しかし、これらの要素は、全般的なブランディングテーマの一部であるべきで、 その代わりとなるものとなったり、それと対立するものであったりすべきではありま せん。

Therefore it is important to include people from all the areas where OpenOffice.org is represented by visual means in this branding initiative so their interests can be integrated in the general branding theme.

それゆえ、OpenOffice.orgがこのブランディング構想の視覚上の方法によって紹介さ れ、そして、人々の関心が全般的なブランディングテーマにまとまる全ての場所から の人々を含めることは重要なことです。


Who Does It Involve?

誰が関わるのか?

Branding is important for the OpenOffice.org project as well as for our product. It is mainly a marketing task, if we define marketing as the chance to use every relation to the public to raise our market share and attract people to join our community and to stay and work with us.

ブランディングはOpenOffice.orgプロジェクトにとって、製品同様に重要です。も し、マーケティングを我々のシェアを広げるために公衆とのあらゆる関係を利用する こと、そして、人々を引きつけ、コミュニティに参加してもらい、残って我々と共に 活動してもらうための機会であるとすれば、これは主にマーケティングの仕事です。

As our project is divided in a larger number of more or less independent areas of work and branding is related to several of them:

プロジェクトは数多くの、多少は独立した仕事の領域に分かれており、ブランディン グはそのうちのいくつかに関係しています。それは次の通りです。

Marketing: as mentioned above, it covers all the relations to the public, but some of the marketing tasks are organized in different projects like artwork and website design.

マーケティング:先述の通り、マーケティングは公衆との関係の全てを対象とします が、マーケティングの仕事のいくつかはアートワークやウェブサイトのデザインと いった異なるプロジェクトの中でも組織されています。

Art: creating artwork for the product, for Internet presentation, collaterals and so on. Branding elements are put in appropriate surroundings (according to branding guidelines and how-tos) for special use cases.

アート:製品のため、インターネットでのプレゼンテーションや副次的な物事、その 他のためのアートワークを作成します。ブランディングの要素は(ブランディングガ イドラインやハウツーに従って)特別な使用の場合のために、適切な環境に置かれま す。

Website: The design of our website is the first place most people come in contact to OpenOffice.org. This design has to be consistent with the branding style - and not only the main website, but our additional sites like wiki and the template / extensions repositories too.

ウェブサイト:ウェブサイトのデザインは多くの場合、最初にOpenOffice.orgに接触 する場です。このデザインはブランディングスタイルと調和していなければなりませ ん。そして、それは、メインのウェブサイトだけでなく、wikiやテンプレート/拡張 機能のレポジトリといった附属的なサイトでも同様です。

Documentation: The official documentation for OpenOffice.org must necessarily comply with the branding style. The same applies to templates for presentations at OooCons or on fairs.

文書:OpenOffice.orgについての公式文書も必ず、ブランディングスタイルに従って いなければなりません。同じことは、Oooカンファレンスやフェアでのプレゼンテー ションのテンプレートにも当てはまります。

Native Language: All the previous areas are covered by the native language projects for their local needs. These tasks have to be coordinated with the general branding in order to improve the common feeling and corporate identity in our community.

ネイティヴランゲージ:これまでの全ての領域はその地域の必要に応じて、ネイティ ヴランゲージプロジェクトによってカバーされています。これらの仕事はコミュニ ティにおける共通意識や集合的なアイデンティティーの向上のため、全般的なブラン ディングと調和している必要があります。

User experience: Branding is about the relation to our present and possibly future users - it is important to include their needs and their feedback in our branding.

ユーザーエクスペリエンス:ブランディングは現在のユーザ、および、潜在的なユー ザとの関係に関わるものです。彼らの要求やフィードバックをブランディングに加味 することは重要です。

User interface: The product OpenOffice.org contains several possibilities to include our branding and visual design without reducing the orientation towards the operating system.

ユーザーインターフェイス:製品としてのOpenOffice.orgはオペレーティングシステ ムに対する指向性を減らすことのない独自のブランディングや視覚上のデザインを含 むいくつかの将来性を含んでいます。

Personal tools